カメラ・撮影機材

NEW KDSマウントII

フィールドスコープと望遠レンズで共用していた BENRO GH3 を望遠レンズの一眼専用にして,フィールドスコープ専用に微動調整ができる KENKO NEW KDS II を購入しました.

開封したら、いきなり改造


もともと、天体望遠鏡用の雲台ののため,クランプもそちらの規格の大きなアリ溝のタイプがついており,このままではスコープが装着できないので,アルカスイスタイプのクランプに交換します.

アルカスイスタイプのクランプのねじ穴は,一般的なカメラねじ UNC 3/8 なので,KDS II のクランプを止めていた,M8 のボルトが貫通するため,M8 のボルトでそのまま取り付けできます.

ひとまず、ストックしていたクランプを何種類か仮止めした結果,一番おさまりがよさそうな円形のクランプに決定.


クランプ側からのねじ止めは,UNC 1/4 の皿ねじが想定されたつくりのようで,M8 ボルトでは座繰りが足らず,ちょっとはみ出てしまいます.というわけで,サクッと加工.


フライスに,皿もみ用の面取りカッターを装着して,ガリガリっと穴を広げると, M8 の皿ねじもきっちり収まりました.

つぎに,フリクション調整ダイヤルを,同時に入手していた 「NEW KDS マウントⅡ 改造パーツ ガタ止めセット」に交換です.個人の方が作成していて,”Yahoo! オークション” で購入できます.


微妙な調整がしやすいように,サラバネを挟んでみました.
同時にボルトをステンレスのキャプボルトに交換.

本体とガタ止めプレートの間に,固めのスプリングを挟んだほうが良いかも
この辺りは,おいおいで調整してみます.


コメントを残す