車&ドライブ

HIDの配光

どうも、光が拡散してしまって、目いっぱい下げても対向車がまぶしい状態のだったのですが、とりあえず、ディーラーでテスターにかけて基準位置を出してもらったところ、やはりバーナーの位置かリフレクター関係で、かなり拡散してしまっているとのことでした。

あと、驚きだったのは実際に計測してみると照度は純正ハロゲンのほうが高いらしいです。

で、なんだかんだで再度チェックしたところカチンとはまっていたのでOKかと思っていたら、さらにその奥のほうでガチっと止まることが判明。

要するにハイビームに近い位置でバーナーが止まっていたため、遮光板からはみ出した光が、四方へ拡散していたようです。

右側は、防水キャップをきっちり付け直してやったら、何とかはまったのですが、製造時の誤差なのか、左側は、防水キャップの縁がバーナーのソレノイドの収まる出っ張りに干渉して、丁度キャップのゴム一枚分奥まで入らない状態だったので、干渉部分をばっさり切り取って、あいた穴は、ビニールテープでふさいで何とか装着できました。

上から水をかけても水滴は入らない..と思うのでまぁ大丈夫でしょう。埃が入らなきゃOK

そんな状態のときはバーナーのソレノイドに水が入ってるはずなので、防水キャップの穴以前の問題かも。


コメントを残す