バイク・ツーリング

タイヤ感想「GOLD STANDARD」

夏に交換した、BW’sのリアタイヤ(AEROX用ホイール)ですが、半年ほど経ちましたので、感想をちょこっと報告です。

ドライでは、非常に良いグリップです。スタンドガリガリすっちゃってもへっちゃらで、グリップしてる感じもはっきりわかります。

交換したのは後ろだけなのですが、前のBOPPEREより、倒しこみもすごく自然な感じです。AEROXの頃からですが、スタンド擦ってもタイヤの端まで使い切ることはなく、1cmくらい接地していない面が残っていて、純正サイズでもホイル幅に対してちょっと太い気がしていました。

同じ140でも、BOPPERの時と比べると、GOLD STANDARDの方がサイドの回りこみが自然な感じなので、倒しこんだ時の感覚はこのあたりが影響している気がします。また、雨の日はと言うと、見た目からしてウェットもバッチリかと思いきや、これがぜんぜんダメで、ちょっとバンクしただけで、実際に滑っているのかはわからないのですが、なんとなくズルズルと流れるような感覚に襲われてしまって接地感が感じられず、怖くて寝かせられません。これは、BOPPERの方が良い印象です。

想像ですが、もともと大型スクーター用のタイヤなので、想定される車重の半分程度の重さしかないB’Wsでは、面圧などの関係からウエット時の性能が発揮できないんじゃないかなぁ?....と、少し空気圧を低めにしたら良い結果が出るかも。

あと、このタイヤ、すごくデロデロになります。
端の方は溶けたようにというか、溶けてるのか...夏は、数キロ走った程度でも、手で触るとかなりアッチッチな状態でした。冬でもグリップは良好です。その割に、減りは思ったより少ない感じ。

次に換える時は、今と同サイズで前後とも Pilot Sport SC か、EVO21/EVO22かな?それとも、サイズダウンして、前に110/90か、120/70で後ろに130/70にすると国産も含めてぐっと選択肢が広がるしバランスもよさそうな気がしますが、逆に乗りにくくなったら嫌だし、悩むなぁ。


コメントを残す