バードウォッチング

試写を兼ねて,飛び物練習

070908_00
– D40 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF) –

先日,勢いで買ってしまった,300mm/F4レンズの試写を兼ねて比較的大き目の被写体で飛び物の練習にと,いつもの水鳥スポットへ出かけてみました。テレコンは,持っていくの忘れてしまったので,無しです。

久々にF4Eでも遊んでみましたが,5.7駒/秒は圧巻です。あっという間にフィルム2本終了~。X-(

また,トリミング前提にすると,D40の600万画素では厳しいですね。連写とあわせて,ますますD300が欲しくなってきました。

まずは,飛び物初級定番?のトビ
070908_01

– KOWA TSN-664ED / TSE-14WD + CASIO EX-Z850 –

070908_02 070908_03 070908_04

– D40 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF) –

D40の2.5駒/秒だと決定的瞬間は難しいかなぁ。
微妙にタイミングがずれちゃいます。

カワウ
070908_05

– KOWA TSN-664ED / TSE-14WD + CASIO EX-Z850 –

070908_06 070908_07 070908_08

– D40 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF) –

ダイサギ
070908_09

– D40 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF) –

070908_10 070908_11 070908_12

– D40 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF) –

アオサギ
070908_13

– D40 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF) –

070908_14 070908_15 070908_16

– D40 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF) –

コサギ
070908_17

– KOWA TSN-664ED / TSE-14WD + CASIO EX-Z850 –

070908_18

– D40 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4D(IF) –

※300mm/F4で撮った画像は,トリミングとシャープネス&ヒストグラムを補正しています。

飛び物追いかけるには,オートフォーカス必須ですね。合焦した瞬間シャッター切れるので,軽快そのもの。AFの合焦も速いし,サイズ的にも担いで歩き回れる許容範囲です。

このレンズ買ってよかったかも~。

ビデオ雲台に乗せて,目標に狙いをあわせて振り回しながら連写。と,デジスコではかなり厳しい被写体でもばっちり。逆に,静止していれば,デジスコの実力発揮と言った感じですね。これからは,両方持って鳥撮りに出かけたいです。

デジスコサブ機のFZ30は里山の藪近木専用になりそうな予感。


3つのコメントがあります : 試写を兼ねて,飛び物練習

  • 山太郎

    いやー目の保養させて頂きました。m(__)m
    D40にED300mm(銀塩換算450mmですよね。)での鳥さんの写真みな凄いですね。(・_・)(._.)
    レンズだけでも約1.4kgこれだけの重さになりますと年寄りの私には難しいですね。(;_;)
    これからも,鳥さんの写真楽しみにしています。(^^)

  • MaCONEY

    山太郎さん>
    一直線に飛び去るズスメを狙ってみたですが,追いつけませんでした。X-(
    大きな鳥を追いかけるの精一杯で,まだまだ修行が足りませんね。
    この日は,デジスコに使っているビデオ雲台付きの三脚で撮影しました。
    3kgオーバーの装備でも重さを感じさせず楽に振り回せてしまいますし,
    移動方向以外の手ぶれもほとんど気にならないところがグッドです。

  • MaCONEYさんへ

    こんばんは。
    おそらく,直ぐ撮れるようになられると思います。(^^)
    3kg以上ですか・・・やはりお若いから。(笑)私などは持って歩くのさえ億劫になると思います。。。

コメントを残す