カメラ・撮影機材

望遠に続いて,広角も

中古の出物を見つけて,広角寄りズームを追加しちゃいまいました。

070915_s1
SIGMA 15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL

APS-Cサイズのデジタル一眼に装着した場合,35mm換算で,22.5-45mm相当の広角寄りズームになります。

12-24mmと悩んだのですが,あまり広角へ振っても,使い所が難しい上に,使いこなせない事必須。さらに,レンズ交換の事も考えると,手持ちの24-120mmと画角が多少オーバーラップしていたほうが使いやすい。という事で,こちらに決定です。

レンズ内モータではないので,D40ではAFが使用不可なところと,フードが一体式で,とにもかくにも,大きくてかさばるのがNGですが,35mm版でも使えるので,その気になれば,フィルム一眼のF4に装着して,15mm~の超広角が堪能できちゃいます。

070915_s2
びっくりなのが,この前玉。
15mmからの画角をカバーするとなると,こんなになっちゃうんですね。
まるで,SF映画の宇宙基地です。

関連リンク:
SIGMA


3つのコメントがあります : 望遠に続いて,広角も

  • 山太郎

    ホント凄い前玉ですね。リンク先拝見しました620gですか重たいですねけど15mmから30mmでしたら逆に軽い方ですか?GETおめでとうございます。m(__)m

  • MaCONEY

    山太郎さん>
    もっと明るいレンズだと1kg弱くらいのレンズもありますが,
    同クラスの他のレンズと比べると少し重たい様ですね。
    使ってみて,重さはさほど気にならなかったのですが,
    カメラバックに入れたときに,おもわず。
    こりゃデカイや…と,つぶやいてしまいました。

  • 山太郎

    シグマ15-30mm F3.5-4.5 EX DG ASPHERICAL φ87mm×132.5mm
    の大きさなんですね。流石に本当に大きいですね。
    参考にさせて頂いていますが私もレンズ選び今後は苦労しそうです。。。(^^ゞ

コメントを残す