バードウォッチング

鷹観の見物 08/10/04

昨日にひき続き、天候、風向きの条件はそろっていたものの、渡りはサシバが1羽、その他、オオタカやチゴハヤブサなどが数羽で何れも遠く高い位置を通過です。アマツバメは上空で何度も飛び回る大サービス。

20081004_0828_01
アマツバメ

20081004_1036_01 20081004_1157_01
サシバ(左)、オオタカ(右)
何れも、非常に高く遠い位置の為、シルエットしかわからないような状態で、画像が破綻しない程度でトリミングするとこの大きさが限界

– Equipments
D300 + Ai AF-S Nikkor ED 500mm F4D(IF) – トリミング



6つのコメントがあります : 鷹観の見物 08/10/04

  • きらぼし

    今晩は、きらぼしです。
    久しぶりに書き込みさせていただきます。
    ひゃあ、本日はお声がけ下さり驚きました。
    デジスコ+ペンタで当てるとは凄い推察力です。
    タカ類の出は少なかったものの、MaCONEYさんに会えたのは大収穫でした。またよろしくお願いします。

  • でつ

    おはようございます
    500mmでトリミングしてこの大きさだと肉眼では見えますか?すごいなぁ~
    身近に冬鳥さんが来たら目だけ!とか画面に入りきらない迫力のある写真が撮れそうですね(^O^)

  • 山太郎

    ED500mm+トリミングでこの大きさピント合わせが大変そうです。けど、ED500の解像力本当に凄いですね。良いレンズは写りも良いけどお値段も。。。(^^)

  • MaCONEY

    きらぼしさん>
    レンズとカメラの組み合わせをみまして、もしや?!と、声をかけさせていただいちゃいました。;-p
    また、何処かでご一緒させていただければと思います。
    残念ながら、鷹はあまり飛びませんでしたが、まだまだ渡り切っていないはずですので、チャンスはありありそうですね。

  • MaCONEY

    でつさん>
    遠くを飛んでいる場合、肉眼ではほとんどゴマ粒の点ですね。
    発見した人が、双眼鏡や望遠鏡で追いかけながら「xxの上空、右側雲の切れ目~」など、場所を教えてくれるのですが、なかなか見つけられないこともしばしば。一度見失うと探すのが大変です。

  • MaCONEY

    山太郎さん>
    ピントあわせは、AF頼りですが...遠く小さかったり逆光で影になっていると、合焦点が微妙にずれてしまうことが多いですね。
    それでも、私の目よりカメラの方が優秀なので、MFで微調整するよりAF任せの方が成功率高かったりします ;-p

コメントを残す