カメラ・撮影機材

BENRO C458 n6

20081031_01

なんだかんだで、500mm担ぎ用にカーボン三脚を海外通販で買ってしまいました。

この手の定番のジッツオは高くて手が出ませんので、手ごろな価格で作りもバッチリらしい BENRO のカーボンシリーズ 「C-458 n6」 です。この所の円高も手伝って、送料を入れても国内価格の6割程度と、と~っても安く入手できました。

スペックはこんな感じになってます。

全高EV有 1965mm
全高EV無 1715mm
最低高 360mm
縮長 650mm
脚径 36mm
段数 4段
重量 2.94kg
耐荷重 12kg

日本ではワイドトレードさんでBENROの三脚を取り扱っていますが、色々調べてみると、n6 シリーズは日本向け仕様とその他海外向け仕様では、塗装やエレベーターのロックナットなどの細かい部分が違うようですね。

20081031_02 20081031_03 20081031_04
三脚本体には、水準器と方位磁石が付いています。センターコラムもカーボン製でジッツオそっくりなロックナットでしっかり固定が可能。脚部は、オリジナルの8層構造を持つ径36mmのカーボンパイプ(2nd Generation OIHM-8X)です。また、2本の脚に滑り止めのウレタングリップがまかれています。

20081031_05 20081031_06 20081031_07
ゴム製の石突と交換するスパイクの石突が付属しています。このスパイクですが、ジッツオのスパイク用ゴムカバーが使えるらしいので、スパイクの使用頻度が多いようなら、これを使うのもよさそうですね。螺子の径とピッチが合えば、同じく ジッツオのスパイク・ゴム石突も使えるかな?

20081031_08 20081031_09 20081031_10
石突のほかに、工具と三脚ケースが付属してきます。ケースはありがちなおまけ程度の粗末なもではなく、クッションが入ったそれなりにしっかりしたケースでした。この三脚ケースのショルダーストラップは、取り外すとそのまま三脚ストラップとして利用できる様になっているのもなかなか考えられてます。エレベーター下部には、スプリング収納式のウェイトフックが装備されています。

と、こんな感じの三脚なのですが、SLIKのザ プロフェッショナル N と持ち比べると、たかが1kg強の差でしかありませんが、断然軽く感じますね。山道を担いで歩くことを考えると、この差が身に沁みる差になるんでしょうね~。

さて、週末は早速担いで...出かける時間あるかな?

2009/03/09
BENRO から新しい三脚
Mg-Carbon M8 C series (
日本へは未入荷)が、ラインナップに追加されているようです。


3つのコメントがあります : BENRO C458 n6

  • 山太郎

    凄い、良い三脚ですね。(^^)
    耐荷重12kg凄い、まさに500mm用の三脚ですね。三脚自体も約3kg軟弱な私はとても持ち運びが出来ません・・・(^^ゞ

  • MaCONEY

    山太郎さん>
    耐荷重12kgクラスだと、カーボンでも結構な重さですが、200mmくらいまでのレンズに対応できるサイズなら、1kg程度の物もありますので、店頭で触って見ると良いかもです。
    小型の三脚で私的なおすすめは、Velbon ULTRA LUXi M ですね~
    ツーリングのお供やチョイ撮り用に使っていますが、縮長345mm、重さ1.2kg とコンパクトでそれほど嵩張らず、つくりもしっかりしているので、なかなか良いです。雲台を自由雲台にすると、パン棒もなくなって更にすっきりです。

  • 山太郎

    ご教授有り難うございます。m(__)m
    何れは三脚買い換えを検討しないといけないと思っていますが、軟弱の者ですからついつい横着しています。。。

コメントを残す