バードウォッチング

鳥撮 (09.5.10)

ウズラシギは居ないかな? と再びいつもの海辺へ出かけてみました。

20090510_001 20090510_002 20090510_003
干潟に出る前に、近くの磯へ。
ウミネコとセグロカモメ?が、潮が引いた岩場の先端で羽根休め。

干潟に戻り、ウズラシギを待つこと1時間半。
20090510_005 20090510_007 20090510_008
(左)チュウシャクシギ。(中)キアシシギ カニにロックオン。カニさんはハサミを上げて臨戦態勢。(右)カニさん、必死の抵抗むなしくあっけなく御用。その場で食べずに、波打ち際で濯いでから丸呑みにしてました。

しばらくの間、7羽のキアシシギの群れが採餌していましたが、ウズラシギには逢えず。その後、潮干狩りの親子連れやらなにやらで、逃げていってしまいました。

20090510_009 20090510_010
コチドリが一羽だけ、ちょろちょろと歩き回っていました。

20090510_011 20090510_013 20090510_014
そんなこんなで、鳥仲間さんより近くの磯にメダイチドリが居るとのことで場所を移動。5羽のメダイチドリに逢えました。

20090510_015 20090510_016
最後に、また別の磯で飛んでいたキアシシギの群れの中に、違う羽色の一羽を発見。キョウジョシギでした。かなり遠くて、デジスコ&トリミングでもこれが精一杯。

結構派手な色をしていますが、岩場にまぎれると見事に保護色になりますね。何処に居るかわかりますか?

答えはこちら。

一枚目の答え

二枚目の答え

等倍でトリミングした後、そのままでは霞んで見え難いのでコントラストを調整してあります。


– Equipments
KOWA TSN-664ED / TSE-14WD + CASIO EX-Z850
Panasonic DMC-FZ30 + SONY VCL-DH1758(x1.7)


コメントを残す