バイク・ツーリング

再び、レオビンチ装着するも...

レオビンチ&純正マフラーともリアハガーが干渉してしまい、リアハガーはあきらめて、レオビンチを復活とも思いましたが、いつも過積載状態なキャリアのステーが付かない為に断念...しかし、海外のサイトで、キャリアのステー付きのレオビンチ装着写真を発見。 

20090705_p01左の写真がそれ。Pegaso Trail ですが、赤い矢印のステーがレオビンチとちゃんと共存してます。そこで、ステーを取り付けてからマフラーを装着してみたところ、ボルトの頭と1ミリあるかないかのクリアランスで、エンジン掛けて走り出したら確実に振動で当たりそう。取り付け作業時にはカツカツと当たっちゃってます X-(。


5mmほどワッシャーをかませて、何とかうまくいきそうな雰囲気にはなったものの、今度は左右でサイレンサーの位置がばらばら...特に、純正でも取り付け範囲のぎりぎりだった左側は、かなり厳しい状態。

いろいろ確認してみると、うちのPegaso君は骨盤ゆがんでるようでして、シートレールが曲がっているというか、ネジ位置がずれてるかんじです。右側も、ボディ寄りになっているようなので、純正マフラーでリアハガーが干渉してしまったのも、このゆがみ原因かも。

と言う訳で、結局駄目でした。 X-(
おとなしく、純正のまま乗ってなさいという、神の啓示か?
で、マフラーはすっきり諦めて、今度は某社のBPVを流用すべく手配中。


コメントを残す