アウトドア・用品

火入れ式で炊き込みご飯

20100411_k01 購入したPRIMUS OmniFuelの火入れ式をかねて,炊き込みご飯を作ってみました。



まず最初に,ノズルをガソリン用に交換。付属のノズルは,ケロシン(灯油)用の2.8,ガソリン用の3.7,ガス用の4.5があり,購入時の状態では,ガス用の4.7が取り付けられています。灯油は使わずに,ガソリンとガスだけ使うなら,ガスの使用時に多少火力は落ちそうですが,ガソリン用のノズルを付けっぱなしで問題なさそうです。

ノズルの交換を済ませたら,ホワイトガソリンを燃料ボトルに7割程度まで注ぎ込みポンプと本体をセット,30回ほどポンピングしてメインバルブを全開,火力調整用のバルブをちょこっと開けてガソリンを染み出させたら,プレヒートを開始です。

赤い炎が上がり十分にあたたまって火が消えそうになったところでカウントダウン。

5…4…3…2…1…Ignition!!

と,火力調整用バルブを開けると同時に,ゴォォ~とジェットエンジンに点火!

噂には聞いていましたが,これが例の轟音ですね...ただ思ったよりうるさくないかも。そんなこんなで,無事に火入れ式を済ませて,いよいよご飯炊きに突入です。

20100411_k02 20100411_k03 20100411_k04
今回のレシピは,舞茸に旬の筍の炊き込みご飯です。
セオリーどおりに,研いで30分ほど水に漬けておいたお米(2合)に,醤油,塩,出汁を加えた水を360ccと具を入れ,ストーブに乗せて調理開始。強火にかけてグツグツと湯立ち始めたところで弱火にしてじっと待ち,湯気が減ってパチパチと音がしはじめたら,少しの間中火~強火にかけ火から下ろして15分程度蒸らせば出来上がりです。

OmniFuelでは,左の写真のとろ火のちょっと手前くらいまで絞れます。これ以上絞ると,赤火が出始めてそのうち消えてしまう感じですが,この程度の弱火に出来れば必要にして十分ですね。カセットガスコンロのような微妙なとろ火がどうしても欲しい場合はミニロースターを間に挟んで少し火から離すとかすれば問題なし。

あと,豪快なゴォォ~という燃焼音もコッヘルをのせた状態では,かなり軽減されます。中火~弱火では,私的にはほとんど気にならないレベルです。それでもカセットコンロと比べたら十分轟音ですが...

20100411_k05 20100411_k06 20100411_k07
なんだかんだで,出来上がり~ ばっちり美味しく炊けました。

20100411_k08
焦げ付きも無し :-)

関連リンク:
PRIMUSU (イワタニ・プリムス) 海外サイト


3つのコメントがあります : 火入れ式で炊き込みご飯

  • でつ

    こんばんは
    すごい!美味しそう(*^_^*)
    ガソリン燃料というのもすごいですね。
    MaCOENYさんはなんでもできちゃいますね♪

  • 秋のキャンプでは大活躍しそうですね

  • MaCONEY

    でつ さん>
    教えてもらったやり方の受け売りですが,ガスコンロ使って鍋でご飯を炊く場合と同じで,水はお米の1.2~1.3倍にして,始めパッパで中チョロチョロ。最初にじっくりお米に水を吸わせるのが重要だそうです。あと,途中で蓋開けて水分の飛び具合を見るのもOK。
    かとぺー さん>
    いやいや,そちらはプロフェッショナルな諸先輩方に任せしまして~。食べるほうに専念? ;-p

コメントを残す