WordPress

記事一覧のカスタマイズ

現在使用している, WordPress のテーマ “Atahualpa 3.5.3” で月間アーカイブやカテゴリの記事一覧表示でのページ遷移がまどろっこしいので,ちょこっとカスタマイズしてみました。

記事一覧Atahualpa テーマオプションの Excerpts(抜粋) の設定で,ホームページだけ最新の3記事を “Full Posts” に設定して,プラグインに “WP-PageNavi” と,カテゴリとアーカイブではすべての記事を表示する為に, “Custom Posts Per Page” を導入して,”Custom Posts Per Page” と Atahualpa テーマオプションのセンターカラムの内容を修正しました。

具体的には,”Custom Posts Per Page” の表示する記事数の設定で,ホームページをコメントアウト,月間アーカイブをすべて(とりあえず999)に修正しています。

$posts_per['home'] = 4;
$posts_per['day'] = 10;
$posts_per['month'] = 999;
$posts_per['search'] = 10;
:
:

このままだと,抜粋記事ががずら~と並んで表示されてしまうので,Atahualpa テーマオプションのセンターカラムの設定で,記事一覧の10項目目以降は投稿日とタイトルのみ表示するように,ループとフッタに以下の様な記述を追加しています。

ループ

<?php if ($bfa_ata['postcount'] <= 10) { ?>
<?php /* Post Container starts here */
if ( function_exists('post_class') ) { ?>
:
<< 省略 >>
:
<?php bfa_post_footer('<div>','</div&>); ?>
</div><!-- / Post -->

<?php } else { ?>
<div d="post-<?php the_ID(); ?>">
<?php if ($bfa_ata['postcount'] == 11) { ?>
<div style="padding: 8px 0; border-top: solid 2px #eee;"></div><?php } ?>
<?php the_time('Y-m-d'); ?> ... <a href="<?php the_permalink(); ?>">
<?php the_title(); ?></a><br /></div>
<?php } ?></strong></span>
</span>

フッタの最後の行

<?php if ($bfa_ata['postcount'] >= 11) { ?><br /><?php } ?>

これで,アーカイブ,カテゴリの記事一覧が,TypePad 系のココログと同じ様な表示に出来ました。


コメントを残す