車・ドライブ

地デジ化

リビングのテレビより先に,カーナビのチューナーを地デジ化しました。取り付けた地デジチューナーは,12SEG+1SEG 対応の MITSUBISHI TU-300D + 外部入力ケーブル LE-203AV です。ナビゲーションと同じ Panasonic のチューナーを取り付ける予定でいましたが,現在販売されている物で外部入力ができる機種がこれしかありませんでした。

※画像は 総務省地上デジタル放送関連のページ より転載

入力端子付きにした理由ですが,今度の車は後ろの見切りがすこぶる悪くバックカメラも取りつけようと思ったところ,ナビゲーションのアナログチューナーにある入力端子は2系統に対して,地デジチューナー,バックカメラ,DVDプレーヤー (VDR-77) の3系統と1系統足りません。そこで,ナビゲーションには,地デジチューナーとバックカメラをつなぎ,入力端子付きの地デジチューナーにDVDプレーヤーをつなげば万事解決といった次第です。

チューナのリモコン受光部は,内装の隙間から配線を通して,グローブボックス脇に設置しました。

 

また,付属のフィルムアンテナ使用せずにダッシュパネルに置くフラットタイプのアンテナで日立モバイルの FANT-DG11FR を取り付けています。

フロントはダッシュパネルの前側に横方向,リアはCピラーの内側に縦方向に配置しています。

実は,取り付け前に問題が発覚。 TU-300D のアンテナ入力コネクタは独自のもので,一般的なアンテナのコネクタより小さく取りつけることが出来ませんでした。線を切って繋ごうか悩んでいましたが,アクセサリーカタログに TU-300D の写真が載っていたのを思い出し,もしや?とディーラーで確認したところ,案の定,純正部品に変換ケーブル「部品番号:246L50015」がありました。:-)

早速,4本注文して無事アンテナを繋ぐことが出来ました。


コメントを残す