日曜大工

波板屋根の張替え

今年の夏休みは会社の方針で,お盆の一週間にまとめて休みを取ることになったので,ずいぶん前に親父が作った作業スペースの波板屋根を台風の季節が来る前に張替えることにしました

耐用年数はとっくに過ぎ,日光と風雨に晒され続けたファイバー入りの塩ビ波板はちょっと力を入れただけでパキッと割れてしまう状態です。

とりあえず,外周だけ剥がし,傷んだ木材の修繕から。

予想以上に傷みが進んでいて,この作業にだいぶ時間を取られてしまいました。外して交換できる部材は新しい木に,垂木の先端などは,傷んだを部分を切り落として継ぎ足しました。画像は先端部分の修繕が終わったところ。両脇にも角材を取り付けてペンキを塗ったら修繕は完了。このあと,波板を止めている数百本の釘を抜き,ボロボロの屋根を剥がしてひと段落。


なんか,張り終わってますが…今回,ポリカーボネイト製で熱線カットタイプの波板を使用しました。勾配が緩いので 5.5 山重ね。ネジ止め約300本なり。

木の板とコーキングで仕上げてあった壁側の水切りは,木が痩せて隙間が出来てしまい雨漏りし始めていたので,今度は,ガルバリウムの横暖ルーフきわみ用を使いました。それでもコーキングに頼らざるおえないのですが,木の板よりは遥かにマシですね。ちょっと高さが合わなかったので,グラインダーでカットしてます。

最後に,先端をそろえて雨樋を付けたら完成!

雨樋も新しくしたほうがよさそうですが,これで,あと,10年は戦えます。 ;-p

想定外の修繕に時間を取られ,連休はこの作業だけで終わってしまいました。 X-(


コメントを残す