車&ドライブ

LONZA LZ-304

スイフトスポーツでも使っていた,LONZA アルミペダルセットを装着しました。MT から AT への乗り換えの為,ペダルのサイズが合わず新規に購入です。これを付けた所でなにがどうなる訳でもなく,基本的に自己満足の世界ですね。
 

今回は,付属の滑り止め用リング(樹脂製)を使用せず,別売りになっているアルミ製リング(色はガンメタリックを選択)を奢ってみました。付属の樹脂製が手で簡単にはめ込めるのに対して,こちらはきっちり圧入する様になっているので,木っ端で挟んだ状態でゴムハンマーを使ってガンガン叩き込みました。今考えれば,万力で締め上げた方が早かったかも知れず...
 
リングを取り付けるとこんな感じです。

リングの位置は,説明書と同じ標準の位置です。ブレーキペダル下の部分は少しきつめの R が付いていますが,リングが R に合わせて変形して圧入される様に,木っ端の当て方を変えながら,根気良く叩き込むことで良い感じに収まりました。
 

そんなこんなでペダルの準備が出来たので,いざ,車に取り付け。

取り付けは,付属の金具かタップネジで行うようになっています。アクセルペダルは,一体形成の樹脂製で裏側のリブが邪魔になり,付属の金具での取り付けがいささか不安定だったので,タップネジで固定。ただ,ネジがちょっと短目なので抜けやしないか少々心配です。ブレーキぺダル側は,ゴムのカバーを外した状態にして金具で固定しています。
 

アクセルペダル側はネジが抜けてしまうようならば,穴を貫通させて,裏にワッシャーかピッタリサイズに加工した当て板を使って,純正ペダルをサンドイッチにするのがよさそう。

あと,ペダルに対してフットレストが味気なく寂しいのですが,同シリーズのフットレストは純正のフットレストに対してサイズが小さめで見た目がいまいちなので,3mm 厚程度のアルミ板に穴開けて作ろうかと思っています。


コメントを残す