PC・周辺機器, インターネット

TENVIS JPT3815W-HD

20160109_c01ニャンコ確認用に使用しているIPカメラが壊れてしまいました.今まで何度かパン,チルトの駆動用のベルトが外れたり,ギアが欠けたりして,動かなくることしばしば.今回も,チルト側のギアが外れたようで...

20 年くらい前の古い物なので,さすがにそろそろダメかなと言うことで,新しくすることにしました.

20160109_c02購入したカメラは,TENVIS JPT3815W-HD です.最近売られているIPカメラは,どれも P2P 方式でスマートフォンなどから専用アプリでの簡単接続をうたっているものばかりの中で,こちらは,PC上のWEBブラウザから閲覧可能と明示されていたのが選定の決め手でになりました.

ただし,本体のWEBサーバ機能では,画像の表示にブラウザのアドオンアプリを追加する必要があり,スマートフォンからは専用の P2P アプリが必要になります.iOS であれば,IP Cam Viewer というアプリを使用することで,直接アクセスできるタイプの物なら,ほとんどの機種でメーカを問わず複数のカメラをまとめて閲覧できるようになります.

20160109_c03本体と付属品一式.WiFi 対応なので,電源さえ確保できれば取り付け場所は自由が利きますね.

本体の設定では,DDNS/UPnP/P2P 機能をすべて無効,HTTPポートを変更し,ルータ側で P2P がらみで使用すると思われる通信をすべて遮断しています.

20160109_c04あとは,ルータに静的 IP マスカレードの設定を追加してインターネット経由で IPカメラにアクセスできるようにすれば,完了

画素数は 30MP から 100MP にアップ,暗視機能やマイク & スピーカーもついて,大幅に機能アップできました.


コメントを残す