自転車&サイクリング

KONA PUU DX 改修 その7- ブレーキ

ブレーキには,Shimano BR-M395/BL-M396 のセットを選択. 箱無しバルク品で,左:フロント・右:リアの EUで一般的?な仕様の組付け.どうせ,ホースの長さを調整するのに一度外すので,どっちが前でもOK

ひとまず,レーバーの左右はおいといて,キャリパーを取り付け.フレーム,フォーク共に,ISマウントなので,IS-POSTマウントアダプタを介して装着.
 
ISマウントの場合,キャリパーのセンター出しはシムを挟んで微調整する必要があり,えらく面倒でしたが,POSTマウントの場合,レバーにぎってでディスクを挟んだ状態でボルトを締めるだけで簡単にセンター出しできるので楽で良いですね.

お次は,ホースの長さ調整と左右入れ替え.
 
ホースはマスターシリンダ側で調整です.
固定ボルトを緩めて引っこ抜いたら適切な長さにホースを切って,新品のオリーブ & コネクティングインサートで取り付け&ブリーディング.

Shimano でこのタイプのブレーキは専用工具を装着すると,オイルのルートを密閉された状態のまま下から注射器でオイルを流し込むだけでエア抜きが出来るからとっても楽です.

 
だらしなくあまっていたホースもスッキリ.
左右は,ホースの取り付け時に 左:リア・右:フロントに入れ替え済み

Shimano の油圧ブレーキの中でも一番下のグレードですが,効きは申し分なしですね.;-)

その8へ 続く


コメントを残す