自転車&サイクリング

KONA PUU DX 改修 その8 – 完成

サドルやボトルケージなど,残りのパーツを取りつけて,やっと完成.

まずは,BB取り付け工具が届いたので,仮止めだったBBを本締め.

これが一つあれば,Shimano 系の外部 BB であれば,アダプターを介して一通り対応可能です.


BBの本締めを終えたら,その他もろもろのパーツを取り付けて,各部を調整.


ペダルは,RockBros のアルミペダル.ペダル自体はしっかりした作りなのですが,軸のシーリングなどはほぼ無いに等しく...グリスがベチャベチャとはみ出していたり左右の遊びが大きかったり...

グリスがベチャベチャはさすがに...ってことで一度分解清掃して組み直しましたが,後で,シーリングとガタつき防止用にOリングを追加する予定.

フロントのスキュワーは,一般的な左側に付けるとキャリパーに干渉してしまう為,レバーを前方に倒すような形の取り付けになりがちですが,何かに引っ掛けてオープン状態になってしまうリスクを減らす意味も含め,レバーが右側に来るように取り付けています.


グリップは最初の写真の物と違いますが,ロックタイプで杉目の物を選択.ハンドルバーは,完成車のローライズバー.XPilot XC-3 みたいなガリガリ XC 仕様ではなくて,のんびりポタリング&お遊び用だと,2インチくらいアップしたタイプの方がよさげな気もしますね.まぁこれはこれで良しとしますか.


サドルとシートポストは,完成車の状態でついていた装備品に戻して,クランプはクイックタイプに変更.サドルバックは,交換して余った SCOTT カンガルー2サドルバッグ TWIST を取り付けました.

これで,ひとまず完成.

XPilot XC-3 をフロントシングル or ダブル化することがあるとすれば,こいつの感触次第で,歯数を決める感じですね.

テスト走行してきました


コメントを残す