OS・アプリ

Virtual BOX のディスクサイズを変更

作成したテスト用のVM (ubuntu 18.0.4) でディスク容量が足りなくなってしまい,サイズの拡張をしたので,次回作業用にメモ.

  • まず,対象のVMのUUIDをチェック
    > VBoxManage list hdds

  • 対象 VM のUUIDを指定してサイズを変更,この例では,200GB に拡張
    > VBoxManage modifyhd 【UUID】 –resize 204800

  • 対象VM のコンソールで parted を起動して,拡張した領域を有効にする

    # parted

  • 拡張した領域の有効化と空き領域のチェック

    (parted) p free

    〇拡張した領域を有効にするか聞かれるので,F)ix で有効化

     :
     :

    番号 開始 終了 サイズ ファイルシステム 名前 フラグ
    17.4kB 1049kB 1031kB 空き容量
    1 1049kB 2097kB 1049kB bios_grub
    2 2097kB 107GB 107GB ext4
    2 107GB 215GB 107GB

  • 拡張した空領域をマージ

    (parted) resizepart 2

    終了? [107GB]? 215GB【ここで 最大容量の215GB を指定して改行】
     :
    (parted) p free
     :
    番号 開始 終了 サイズ ファイルシステム 名前 フラグ
    17.4kB 1049kB 1031kB 空き容量
    1 1049kB 2097kB 1049kB bios_grub
    2 2097kB 107GB 215GB ext4 【空き領域がくっついた!】
     :
     :

  • parted を終了

    (parted) q
    通知: 必要であれば /etc/fstab を更新するのを忘れないようにしてください。

  • システムを再起動して,拡張した領域を使用可能にする.

    # reboot

    # e2fsck -f /dev/sda2 【使用中の領域だとエラーになるから無視】
    # resize2fs /dev/sda2 【領域を拡張】
    # reboot 【再起動して設定を反映】

これで,領域の拡張は完了.

念のため.作業前にVMをバックアップしておくとよいかも.


コメントを残す