音楽

モニタースピーカー FourBit MS-2012


部屋の中で鳴らすだけなら,小音量で聞こえればよいのでラックマウントエフェクターからの出力を小型のギターアンプに繋がずにラックだけで完結できたらよいなぁと,19インチラックマウントのモニタースピーカ「FourBit MS-2012」 を購入しました.新品だと高くて買えませんので中古のセール品 ♪

定価で ¥91,500 のところ,中古のセール価格 ¥ 9,240 なり.
年期が入った外観はそれなりですが,業務用音響機器だけあって動作は全く問題なし.

XLR端子のバランス 入力.入力スルー出力も付いているので,必要があれば PAのミキサーにそのまま繋げます.スピーカー出力は 3W のステレオで,部屋の中で音を聞くには十分な音量ですね.

で,その年期が入った外観をリフレッシュしてみました.

パネルを分解...作りがしっかりしすぎていて,ネジを外すだけでも一苦労.やっとこさフロントのパネルを外してペーパー掛け.サーフェーサーを吹いたら,黒の高耐久ラッカー(シリコン変性アクリル樹脂)で塗装しました.
※分解して回路を確認すると,基板上に入力レベルの切り替え (+4dB/0dB/-10dB) がついていました.


消えてしまった文字やメモリは,共立エレショップレタリングシート 入れ直したあと,クリアの高耐久ラッカーで仕上げて完了.


あまり使う機会がない イコライザー MU-E311 を外して空いたスペースにMS-2012を格納.GP-8 に SPX-90 ってこっちもえらい年期入ってますね...

残りの1Uにはハーフサイズのパライコを中古で2台さがして入れるのもよさげだなぁ..まぁおいおいで.

さて,外したイコライザーはどうすっかな.


コメントを残す