アウトドア
 

GREGORY MIWOK 18

ちょっとしたハイキングなどでは,サイクリング用に購入したERGON BA3 EVO ENDURO を使用していましたが,このザックはハイドレーションか自転車に取り付けたボトルケージの利用が前提で,ザック側にボトルを収納できるポケットが無く,ペットボトルをヘルメットホルダー部分に放り込んで使っていましたが,ちと不便で...

背負い心地が気に入った OSPREY  STRATOS 24 のサイズ違いには 15L~20Lクラスがラインアップに無く,希望のサイズで作りや使い勝手が似たザックを探していたところ,型落ち半額セールの GREGORY MIWOK 18 を発見して思わずポチリ.

型落ちと言っても色が違うだけで現行モデルと中身は一緒.むしろ,こちらの色の方が好みなのでちょうど良かった感じです.


背面は全体がメッシュになっていて,立体のフォームで 背中との間に空間を作って通気性を確保しています.背面長も調整可能.
一つ上のグレード?の CITRO シリーズが STRATOS と同様の作りでしたが, 残念ながら 15L~20Lクラスのモデルはありませんでした.


メインのコンパートメントにキーフック付きのメッシュポケット.サングラスなどを直接入れても傷がつきにくいソフトな裏地になっています.
フロントのポケットは,伸縮性のメッシュタイプ.ヘルメットホルダーとして使うにはちょっと小さくて厳しい感じですが,脱いだウエアーやタオルなどを入れるには十分なサイズです.

 
サイドポケットとヒップベルトのポケット.
このザックには,レインカバーは付属していないので TATONKAのレインカバー,XXS サイズ ( 10-20l 用 ) を購入しました.

 
右側にはピッケルやストックを止めるホルダー.
コンプレッションベルトはこの位置にありますが,もう少し上の方に付いていたほうが良い気もする....


ショルダーベルトには,左にハイドレーションのチューブを止めるクリップと右にサングラスホルダー付き.
ハイドレーションのチューブはマグネット式のクリップを使っているので,出番はなさそう.あと,アウトドア用ザックに定番のチェストベルトの留め具と一体にっなったホイッスルは付いていませんでした.

 
ハイドレーション用のポケットは独立した作りになっています.留め具に純正のハイドレーションパック専用の少し大きなフックが付いているのですが,ソースのハイドレーションパックには大きすぎて使用できず.細引きでループを作ってひっかける様にしてみました.


コメントを残す