アウトドア, バードウォッチング, 写真
 

不老山~明神峠(2021.05.29)

5月の末に、見頃を迎えているはずのサンショウバラを拝みに、神奈川県と静岡県の県境にある、不老山~明神峠へ出かけてきましたが、一足遅かった様で...

 

明神峠に自転車をデポして、駿河小山駅近くの小山公園をスタート。
  
住宅脇の道を抜け、富士箱根トレイルのコースで不老山に向かいます。

 
少し入ったあたりで、ちょっと立ち止まると足元にヤマビルがウニョウニョと。これはヤバそうだなと、「ヒル下がりジョニー」をシューズとパンツの裾に吹き付けてヤマビル対策をして先に進みます。

  
エゴノキ、テンナンショウの仲間、アオハムシダマシ

 
オオルリに会えました。
大久保山を越えたあたりでは、ヤマビルの姿はなし。念のため、送電線の鉄塔の基部で休憩。


不老山(南峰)に到着。ここでやっと富士山が見えました。ここから不老山(北峰)へ向かいます。

 
不老山(北峰)に到着。

 
サンショウバラは、ちょうど見頃の様でした。
一旦、不老山(南峰)まで戻り、世附峠を抜けて、サンショウバラの丘に向かいます。

 
世附峠を通過、富士山も綺麗に見えています。


サンショウバラの丘に到着。
残念ながら見頃を過ぎてしまっていたようで、花散ってしまい、まばら。前日に降った雨と風の影響もありそうです。


サンショウバラ

 
ムシカリ(かな?)、ニンドウ、ウツギ

サンショウバラの丘を後にして、明神峠へ


マリモのような苔と初夏の新緑。

 
ヤマツツジ

 
白クラの頭~湯船山を抜けて明神峠へ。
登りがしんどい。

 
目の前を横切る黒い影...マミジロでした。
モイワサナエ or ダビドサナエ、強風から避難してきたのか、近づいても逃げずにいました。
— 2021/8/16 追記
トンボに詳しい方に伺ったところ、明神峠のあたりモイワサナエは分布していないそうなので、ダビドサナエのようです。

 
眼下に富士スピードウェイ、山中諏訪神社奥宮の祠

 
明神峠に到着。ここからデポしておいた自転車で一気に下って小山公園まで。


今回のルート

バードウォッチング:
シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、ハシボソガラス、スズメ、カワラヒワ、イソヒヨドリ、ウグイス(s)、アオバト(s)、オオルリ、カケス(s)、ツツドリ(s)、ホトトギス(s)、マミジロ、ガビチョウ(s)


コメントを残す