自転車
, 

フロントディレイラーを交換

先日 11S化したFELT F60 の9S 用フロントディレイラーを11S 用に交換しました.10S化までは ひとまず対応できていましたが,11Sで使用するには,ちょっと無理があったようです.

 

 

10Sチェーンではギリギリ対応できていた9S 用のディレイラーでは,11S でさらに細くなったチェーンの幅に対して許容範囲を超えてしまっているようで,11Sに変更直後はそのままでも行けそうな感じだったのですが,実際に負荷をかけて変速するとリアのポジションによってインナーからアウターへの変速にもたつくあるいは変速できない状態になることが判明しました.チェーンリングの方は,問題なさそうです.

 
↑ スムーズに変速できるようにすると,アウター側の隙間が大きくなってしまいチェーン落ちの原因に.

ちょっと検索してみると

  • 9S:6.6mm
  • 10S:5.88mm
  • 11S:5.62mm

となっていていました.

9S と 11S では,1mmの差があり,9S用ディレーラーではガイドの幅が 広すぎてアウターに持ち上げる際にガイドの内側がチェーンに届かず,持ち上げきれない状態になったことが原因みたいです.

そこで,現在使用中の ULTEGRA FD-6500-F から,11s 用の最新型 FD-R8000-F へ交換.現行のものは,コンパクトドライブにも対応しているので,よりスムーズに変速できるようになることに期待です.

レバーがカンパなんだから,ディレーラーもカンパにするのが正しい選択なのでしょうが...だって,お高いんですもの.(^^;


FD-6500-F と FD-R8000-F を比較すると,R8000の方がガイドの幅が少し狭くなっている以外に,ギアのポジションによるチェーンの軌跡に合わせてガイドが最適な位置になる様に,チェーンの内側に当たる部分はより複雑な形状になっています.

早速交換, 入れ替えて調整したらおしまい...ワイヤーも新品に張り替えました.

交換後は,今まで調整に苦労していたのは何だったんだ?というくらい気持ちよく変速できるようになりました.カンパのレバーでもよい感じで引けてます.使えるかな?なんて9S用で様子見などせず,最初から 11S用にしておけばよかった...


コメントを残す